リングメモ「RINGO」

CL.アピカ株式会社

途中からスタート。パッケージを通した商品ブランディング

提供側の目線を顧客目線と重ねる。
「新機能を強く訴求したい」という提供側からの視点を、
「ターゲットがメモ帳に求める価値」という消費者側の視点からと交差させ、
商品名や機能の訴求が腑に落ちるデザインへとつなげていきました。

文具・紙製品メーカーの新商品、リングメモ「RINGO」。
商品名は決定しており、パッケージのデザインが進行している段階からのご相談をいただきました。

方向性やトーンは決まっておりイメージはあるのだけれど、
最終的なデザインがなかなか腑に落ちないご様子のようでした。

果物を連想する商品名「RINGO」と、メモ帳としての新機能「リングが開く」ことの訴求。
点在するキーワードを串刺しにしてひとつのかたちにするような
核となる「商品コンセプト」をつくることをご提案しました。

商品の誕生経緯、なぜこの名前なのか、商品の位置づけ、今後の展開、ターゲットなどを整理。
「リングが開く」という機能を通して、
「ただメモするだけじゃなく自由に編集し自身の知識を開いていく体験」を提供価値と捉え、
「メモるだけじゃない、知を開くリングメモ」をブランドコンセプトとして提案。
商品名「RINGO」と「リングが開く」新機能との融合でもたらされる新しい価値を
キャッチコピー「OPEN ! RINGO」として表現しました。

設定したコンセプトを基にパッケージデザイン制作へ。
シンプルでスマートなものにしたいというご希望を踏まえ、
キャッチコピーそのものをデザイン要素として使用し、コンセプトを表現しました。

PACKAGE
BRANDING:Terumi Hara & Mariko Mori
ART DIRECTION & DESIGN:Terumi Hara